整形外科|世田谷区祖師ヶ谷大蔵 つかもと整形外科医院|腰痛 肩こり

小児整形外科  «  診療案内  «  HOME

インターネット予約はこちら

インターネット上から診療の予約を行えます。携帯電話からQRコードを読み込んでください。
パソコンの方はQRコードをクリックしてください。
酸素カプセルもネット予約可能です。
QRコード

診療案内

  • こつこつみんなのスポーツリハビリ
  • 接骨院コツコツ 鍼灸院こつこつ
  • サイトマップ

外来診療カレンダー

※カレンダーの色が休診日
休診日:日曜・祝日
・水曜は手術日・往診日
・第1水曜午前:骨密度外来
診療時間はこちらをご覧ください。

8月
31010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293031010203
9月
28293031010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
25262728293001

小児整形外科

小児整形外科とは、お子様を専門とした整形外科です。
お子様の場合、成人と異なり発育や成長と言った点も踏まえた診断・治療を行う事が重要です。
当院では、外傷(骨折、脱臼、捻挫、打撲、靭帯損傷、切り傷など)に関する治療や股関節の検査などを対象としております。
必要に応じ、近隣の病院と連携し治療を行います。

成長に伴う痛みに関しては、総合病院の受診をおすすめします。
(O脚、X脚などの成長に関する診療も行っておりません)
特に、未就学児の首の痛みなどは当院では判断しかねます。

その他、お子様の様々な整形外科診療に関するご質問などがあれば、お気軽にご相談下さい。

先天性股関節脱臼とは?

股関節が外れたり、ずれたりして脱臼を起こした状態のことです。
女の子に多く見られ、男の子の約10倍の確率で起こるといわれ、生後3、4ヶ月検診で発見されることが多いようです。

もともと赤ちゃんは関節がゆるく、ちょっとしたことで股関節がはずれてしまいます。仰向けに寝た赤ちゃんの一番自然な脚の姿勢は、カエルのようなM字型ですので、無理に伸ばそうとしたり、不自然な方向に足をひねらないよう、オムツ替えなどのときには特に注意が必要です。
股関節を脱臼しても、赤ちゃん本人には痛みなどの自覚症状はありません。足を動かしたときにポキポキ鳴るとか、歩き始めが遅く、足を引きずるようにしている場合などは、脱臼の疑いがあります。また足の長さが左右で違うように感じたときも、要注意です。

医院概要・MAP

つかもと整形外科醫院

〒157-0071
東京都世田谷区千歳台2丁目14-7
千歳クリニックモール2F

サミットと共有駐車場あり

小田急線 『 祖師谷大蔵駅 』 北口徒歩12分
祖師谷通り沿い、『 祖師谷五丁目南  』バス停前

アクセス

当院はバリアフリーにて段差がなく、
車椅子でもご来院いただけます。
診療時間
 
8:30~12:30営業中営業中 営業中営業中営業中
14:30~18:30 営業中 営業中 営業中 営業中
18:30~19:30営業中 営業中
休診日:日曜・祝
手術日・往診日:水曜
※最終受付は診療時間終了の30分前までです。

◎ 木曜日(15時~19時半)・月1回土曜日に、聖路加国際病院 整形外科医長が診察します。
  医師:田﨑 篤 先生

◎ 第2・第4木曜日午前に、手外科専門医が診療します。
  医師:内藤 聖人 先生(順天堂大学 整形外科・スポーツ診療科)

◎ 金曜日午前 内科診療
  医師:内藤 咲貴子 先生

◎ 金曜午後に、脊椎専門医が診察します。
  医師:名越 慈人先生(慶応義塾大学病院 脊椎外科)

◎ 月1回土曜日に高山整形外科病院の医師が診療します。
  医師:佐和田 桂一先生

◎ 月1回土曜日に脊椎専門医が診察します。
  医師:瀬川 知秀先生(稲波脊椎・関節病院)

◎月1回土曜日に膝専門医が診察します。
  医師:岡崎 賢先生(東京女子医科大学 整形外科 教授)

※ 専門医の診察日程は「お知らせ」でご確認ください。

このページの先頭へ戻る