祖師ヶ谷大蔵 つかもと整形外科医院 | 研究実績 人工関節 リウマチ 骨粗鬆症

業績・論文  «  HOME

インターネット予約はこちら

インターネット上から診療の予約を行えます。携帯電話からQRコードを読み込んでください。
パソコンの方はQRコードをクリックしてください。
酸素カプセルもネット予約可能です。
QRコード

診療案内

  • こつこつみんなのスポーツリハビリ
  • 接骨院コツコツ 鍼灸院こつこつ
  • サイトマップ

外来診療カレンダー

※カレンダーの色が休診日
休診日:日曜・祝日
・水曜は手術日・往診日
・第1水曜午前:骨密度外来
診療時間はこちらをご覧ください。

8月
31010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293031010203
9月
28293031010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
25262728293001

研究実績

2012年度の実績

国際医科学雑誌 審査委員

  • Orthopaedic Research Society: 2012: Annual Meeting : Hip and Knee Arthroplasty section; Reviewer

英語論文

  1. R. Tsukamoto, IC. Clarke, K. Hirakawa: Improved Wear Response Ceramic Mg-stabilized ZrO2 / Molded UHMWPE in Knee Joint Simulator: Reconstructive Review; Joint Implant Surgery and Research Foundation: Vol2 Num1 Supplement p22-23.
  2. S. Takayanagi, R. Tsukamoto, K. Hirakawa: Effect of Pre and Perioperative factor for abductor muscle power six months after primary total hip arthroplasty: Reconstructive Review; Joint Implant Surgery and Research Foundation: Vol2 Num1 Supplement p38-39.

抄録、学会発表 海外

  1. R. Tsukamoto, IC. Clarke, K. Hirakawa et al: Improved Wear Response Ceramic Mg-stabilized ZrO2 / Molded UHMWPE in Knee Joint Simulator: First Annual Mt: International Congress for Joint Reconstruction 2012 First Annual Mt: San Diego USA, Poster 18.
  2. S. Takayanagi, R. Tsukamoto, K. Hirakawa et al: Effect of Pre and Perioperative factor for abductor muscle power six months after primary total hip arthroplasty: First Annual Mt: International Congress for Joint Reconstruction 2012 First Annual Mt: San Diego USA, Poster 45.

抄録 国内

  1. 塚本 理一郎: 人工関節周囲感染のマネジメント-診断と治療における最近の進歩と今後の課題: 第4回 人工関節を語る若手研究会 特別講演 座長: 2012年 5月26日 東京。
  2. 塚本 理一郎: 人工膝関節置換術摺動面における新世代ハイクロスリンク: Stryker TKA Seminar: 2012年5月11日 甲府。
  3. 塚本 理一郎: 人工関節手術における周術期管理: Stryker TKA Seminar: 2012年5月11日 甲府。
  4. 塚本 理一郎、Clarke IC, 平川 和男ほか:  スポーツ活動における新世代クロスリンクポリエチレン Conventionalか?Crosslinkedか?: 第42回日本人工関節学会 2012年2月24-25日 沖縄 2-7-26.
  5. 高柳 聡、塚本 理一郎、平川 和男ほか: 初回人工股関節置換術50-100例経験者手術時間、術中出血量、イムプラント設置の指導医との比較: 第42回日本人工関節学会 2012年2月24-25日 沖縄 SY04-2.
  6. 斉藤 彰、塚本 理一郎、平川 和男ほか:MIS Anterolateral (OCM) approach THAの中期成績 Is Large Incision needed in all cases: 第42回日本人工関節学会 2012年2月24-25日 沖縄 1-7-05.
  7. 辻 耕二、塚本 理一郎、平川 和男:ダブルロッキングプレートを用いた人工股関節再置換術のステム周囲骨折に対する骨接合術: 第42回日本人工関節学会 2012年2月24-25日 沖縄 PS2-112.

2011年度の実績

抄録 国内

  1. 高柳 聡、平川 和男、塚本 理一郎ほか: 異なるアプローチによる人工股関節置換術における血液、生化学データの比較: 第17回日本最小侵襲整形外科学会 2011年11月5-6日 前橋. 2-2.
  2. 伊藤 芳章、塚本 理一郎、平川 和男 ほか: ADEPT hip systemをもちいた人工股関節置換術後の血中金属イオン濃度: 第38回日本股関節学会学術集会; 2011年10月7-8日 鹿児島県. 1-3-12.
  3. 辻 耕二、塚本 理一郎、平川 和男 ほか: ハイリークロスリンクポリエチレンを使用した人工股関節置換術の摩耗量と短期臨床成績: 第38回日本股関節学会学術集会; 2011年10月7-8日 鹿児島県. 1-3-M8-2.
  4. 斉藤 彰、塚本 理一郎、平川 和男 ほか: テーパーロックネック可変型ステムを使用した人工股関節術の短期成績: 第38回日本股関節学会学術集会; 2011年10月7-8日 鹿児島県. 1-4-25.
  5. 池田 崇、塚本 理一郎 ほか: THA手術当日におけるリハ介入は有効か-早期機能回復への影響: 第38回日本股関節学会学術集会; 2011年10月7-8日 鹿児島県. 1-8-P6-1.
  6. 高柳 聡、平川 和男、塚本 理一郎 ほか: 初回人工股関節置換術後のデータを用いた自己血貯血減量のシュミレーション: 第38回日本股関節学会学術集会; 2011年10月7-8日 鹿児島県. 2-5-37.
  7. 塚本 理一郎: 医局の現状と未来: 湘南鎌倉人工関節センター院内セミナー: 2011年10月5日 神奈川.
  8. 塚本 理一郎: 人工膝関節置換術における新世代クロスリンクポリエチレン-Trade name is X3: Triathlon Family Seminar in 広島 2011年9月10日 広島.
  9. 塚本 理一郎: 人工膝関節置換術手術とポリエチレン摩耗: 湘南鎌倉人工関節センター院内セミナー: 2011年8月18日 神奈川.
  10. 塚本 理一郎: 人工膝関節置換術における新世代クロスリンクポリエチレン-Trade name is X3: Triathlon Family Seminar in 名古屋 2011年7月23日 名古屋.
  11. 辻 耕二、塚本 理一郎、平川和男 ほか:人工股関節置換術後深部感染の治療成績: 第84回日本整形外科学会学術総会 2011年5月12-15日横浜. 3-Po-79.
  12. 塚本 理一郎、IC Clarke、平川 和男: Ceramic and highly crosslinked polyethylene TKRにおける摩耗量と表面の粗さの関係: 第84回日本整形外科学会学術総会 2011年5月12-15日横浜. 4-Po-73.
  13. 滝田 泰人、塚本 理一郎、 平川 和男: 当院におけるOxford UKAの検討-早期退院プロトコールに影響を与える因子の解析-: 第84回日本整形外科学会学術総会 2011年5月12-15日横浜. 4-Po-98.
  14. 辻 耕二、塚本 理一郎、平川和男 ほか: 最小侵襲人工股関節置換術を有効かつ適切に行うために~アプローチ選択から術後リハビリテーションまでの実際~:第41回日本人工関節学会2011 2月25-26日 東京. 2-5-30.
  15. 斉藤 彰、辻 耕二、塚本 理一郎、平川和男 ほか: テーパーロック可変方ステムにおける術後脱臼:第41回日本人工関節学会2011 2月25-26日 東京. 2-5-37.
  16. 辻 耕二、塚本 理一郎、平川和男 ほか: 最小侵襲人工股関節置換術のラーニングカーブ:第41回日本人工関節学会2011 2月25-26日 東京. P2-69.
  17. 上野 岳暁、辻 耕二、塚本 理一郎、平川和男 ほか:骨Paget病による股関節症に対して最小侵襲人工股関節置換術を実地した一例:第41回日本人工関節学会2011 2月25-26日 東京.P 2-112
  18. 滝田 泰人、辻 耕二、塚本 理一郎、平川和男 ほか: 肥満症例におけるMIS-TKAの検討-3D術前計画およびunder vastus approachを用いて-:第41回日本人工関節学会2011 2月25-26日 東京. 1-7-10.
  19. 巽 一郎、塚本 理一郎、平川和男 ほか: 当院におけるUKAの適応と成績:第41回日本人工関節学会2011 2月25-26日 東京. PD10-2.

論文 国内

  1. 上野 岳暁、塚本 理一郎、金子 剛士、辻 耕二、平川 和男。骨Paget病による股関節に対して最小侵襲人工股関節全置換術を実施した一例: 臨床雑誌整形外科; 2011-6; Vol 62 Num6. P537-540。
  2. 塚本 理一郎。人工膝関節置換術摺動面における新世代クロスリンク ポリエチレン Trade name is X3 (conventionalか?Crosslinkedか? Which do you choose?): Stryker Infos; 2011 summer: No.9. p29-31。
  3. 塚本 理一郎、平川 和男。人工関節に加わる負荷と摩耗 人工膝関節置換術における摩耗と今後のスポーツ活動との関係: 臨床スポーツ医学誌: 2011-11; Vol 28 No. 11. 1237-1242。

2010年度以前の実績

抄録、学会発表 海外

  1. R. Tsukamoto: Biomaterial of TKA: University of  California, San Francisco ; Insall fellowship Mt. 2010 Oct 27. Conference Room: Lecture.
  2. R. Tsukamoto: Biomaterial of TKA: University of  Colorado SOM, Porter Adventist Medical Center ;The John N. Insall Traveling Fellowship Conference Insall fellowship Mt. 2010 Oct 26. Anschutz Medical Camps Conference Room: Lecture.
  3. R. Tsukamoto: Biomaterial of TKA: Rush Medical Center; Insall fellowship Mt. 2010 Oct 21. Conference Room: Lecture.
  4. R. Tsukamoto: Biomaterial of TKA: Center for Hip and Knee Surgery Joint Replacement Surgeons of Indiana Research Foundation; Insall fellowship Mt. 2010 Oct 20. Conference Room: Lecture.
  5. R. Tsukamoto: Biomaterial of TKA: Joint Implant Surgeons Mt Carmel New Albany Surgical Hospital; Insall fellowship Mt. 2010 Oct 17. Conference Room: Lecture.
  6. R Tsukamoto: Biomaterial of TKA. Hospital for Special Surgery; Insall fellowship Mt. 2010 Oct 14. 2nd FI HSS Education Conference Room: Lecture.
  7. R Tsukamoto: Biomaterial in TKR. Mayo Clinic, Rochester MN Insall fellowship Mt. 2010 Oct 12. Methodist Hospital Dining Room 6 Lecture
  8. Tsukamoto: Biomaterial in TKR. Pennsylvania Hospital, Philadelphia, PA Insall fellowship Mt. 2010 Oct 8. Conference room Lecture
  9. R. Tsukamoto: Biomaterial in TKR. London Health Sciences Center, University Campus, London Canada: Insall fellowship Mt. 2010 Oct 4. conference room Lecture
  10. R. Tsukamoto: Biomaterial in TKR. Ortho Carolina Hip and Knee Center, Charlotte NC: Insall fellowship Mt. 2010 Oct 1. Mercy Hospital conference room Lecture
  11. R. Tsukamoto, M. Tsukamoto, H. Shoji, K. Hirakawa: Biomaterial in TKR. Brigham and Women’s Hospital Harvard Medical Dept of Orthopaedics Insall fellowship Mt. 2010 Sep 29. Bayles Conference room Lecture
  12. I. Tatsumi, R. Tsukamoto, K. Hirakawa: The advantage of absolute preservation of quadriceps in MIS-TKA: 11th EFFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology. Madrid, Spain, June 2010.
  13. K. Tsuji, R. Tsukamoto, K. Hirakawa: New Three Dimensional Preoperative Planning software with Digital X-ray and CT for Total Hip Arthroplasty: 11th EFFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology. Madrid, Spain, June 2010.
  14. T.Kaneko, R. Tsukamoto, K. Hirakawa: The factors affecting Perioperative hemoglobin in 400 Total Hip Arthroplasty patients: 11th EFFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology. Madrid, Spain, June 2010.
  15. R, Tsukamoto. M, Shoji. H, Hirakawa. K, Clarke. I C: Y-TZP Zirconia Run against Highly Crosslinked UHMWPE in Knee Simulator Study: 56th Orthopaedic Research Society 2010 Annual Meeting, New Orleans, Louisiana, Mar 6-9, 2010 P2261.
  16. I. Tatsumi, R. Tsukamoto, Y. Matsuda, K. Tsuji, K. Hirakawa,: The simple lateral X-ray maximum flexion hold view of the knee predicts patients ACL status: 77th American Academy of Orthopaedic Surgeons 2010 Annual Meeting, New Orleans, Louisiana, Mar 9-13: P172.
  17. R. Tsukamoto,  M. Tsukamoto, H. Shoji, K. Hirakawa, IC. Clarke: Ceramics and XLPE for total knee replacement. Beth Israel Deaconess Medical Center. AOA-JOA fellowship Mt. 2009 July 9. Stoneman 10.
  18. R. Tsukamoto, K. Tsuji, Y. Matsuda, I. Tatsumi, M. Tsukamoto, H. Shoji, K. Hirakawa: Hard case in THA. Brigham and Women’s Hospital Harvard Medical Dept of Orthopaedics AOA-JOA fellowship Mt. 2009 July 7. Bayles Conference room
  19. R. Tsukamoto,  M. Tsukamoto, H. Shoji, K. Hirakawa, IC. Clarke: Ceramics and XLPE for total knee replacement. Massachusetts General Hospital. AOA-JOA fellowship Mt. 2009 July 6.Ether Dome, Bulfinch 430.
  20. R. Tsukamoto, K. Tsuji, Y. Matsuda, I. Tatsumi, M. Tsukamoto, H. Shoji, K. Hirakawa: Ceramics and XLPE for total knee replacement. Columbia University, Center for Shoulder, Elbow and Sport Medicine. AOA-JOA fellowship Mt. 2009 July 2. P and S 5th floor Room 7 Amphitheater.
  21. R. Tsukamoto, K. Tsuji, Y. Matsuda, I. Tatsumi, M. Tsukamoto, H. Shoji, K. Hirakawa: Radiographic Comparison between VerSys and Alloclassic Femoral Components for Primary THA. Hospital for Special Surgery AOA-JOA fellowship Mt. 2009 July 1. Grand Rounds-P&S 5th floor Room 7 Amphitheater
  22. R. Tsukamoto, K. Tsuji, Y. Matsuda, I. Tatsumi, M. Tsukamoto, H. Shoji, K. Hirakawa: New Generation Polyethylene in Knee Simulation Study. University of Pittsburg Dept of Orthopaedics AOA-JOA fellowship Mt. 2009 June 29. Aircast Classroom 1003 Kaufmann Building.
  23. R. Tsukamoto, K. Tsuji, Y. Matsuda, I. Tatsumi, M. Tsukamoto, H. Sholi, K. Hirakawa: Back to 1980 direct compression molded polyethylene. University of Maryland Dept of Orthopaedics AOA-JOA Traveling Fellows Lecture. 2009 June 26. Thomas E. Gillespie Learning Center 11th floor, UMMS.
  24. R. Tsukamoto, K. Tsuji, Y. Matsuda, I. Tatsumi, M. Tsukamoto, H. Sholi, K. Hirakawa: Hard case in THA. Duke University Dept of Orthopaedics AOA-JOA fellowship Mt. 2009 June 15. Conference room 7516.
  25. R. Tsukamoto, K. Tsuji, Y. Matsuda, I. Tatsumi, M. Tsukamoto, H. Sholi, K. Hirakawa, IC. Clarke: New generation polyethylene in knee simulation study . Rochester University Dept of Orthopaedics AOA-JOA fellowship Mt. 2009 June 18.Class of ’62 Auditorium.
  26. R. Tsukamoto, K. Tsuji, Y. Matsuda, I. Tatsumi, M. Tsukamoto, H. Sholi, K. Hirakawa: Radiographic Comparison between VerSys and Alloclassic Femoral Components for Primary THA. University of Pennsylvania Dept of Orthopaedics AOA-JOA fellowship Mt. 2009 June 22. Agnew Grice Library.
  27. Y. Matsuda, K. Tsuji, I. Tatsumi, R. Tsukamoto, K. Hirakawa: Do joint replacements provide the beneficial effects in addition to pain relief?: 10th EFFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology. Vienna Austria, June 2009.
  28. Y. Matsuda, K. Tsuji, I. Tatsumi, R. Tsukamoto, K. Hirakawa: Gender differences in the rotational reference axes and anatomical dimensions of the distal femur: 10th EFFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology. Vienna Austria, June 2009.
  29. Y. Matsuda, K. Tsuji, I. Tatsumi, R. Tsukamoto, K. Hirakawa: Gender variation in the rotational references axes and the distal femur in the Japanese arthritic population: 10th EFFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology. Vienna Austria, June 2009.
  30. K. Tsuji, Y. Matsuda, I. Tatsumi, R. Tsukamoto, K. Hirakawa: Abductor muscle power recovery after mini-one total hip arthroplasty: 10th EFFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology. Vienna Austria, June 2009.
  31. I. Tatsumi, K. Tsuji, Y. Matsuda, R. Tsukamoto, K. Hirakawa: The role of ACL in the knee kinematics was suggested in motion analysis study between mobile TKA and mobile UKA: 10th EFFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology. Vienna Austria, June 2009.
  32. R. Tsukamoto, K. Hirakawa: Ceramic and Highly Crosslinked Polyethylene in TKR. The 18th International Rheumatology Symposium. 2009 Apr. Tokyo. W32-2.
  33. Williams. PA, R. Tsukamoto, Brown. CM, Nakamura. T, Clarke. I C: Polyethylene wear debris from a knee simulator model: effect of crosslinking and counterface material: 55th Orthopaedic Research Society 2009 Annual Meeting, Las Vegas, Nevada, 2009.  P2329.
  34. R. Tsukamoto, IC. Clarke, PA. Williams, TK. Donaldson, M. Tsukamoto, K. Tsuji, Y. Matsuda, I. Tatsumi, K. Hirakawa: Improved Wear Response Mg-Stabilized ZrO2 in Knee Simulator: 21st Annual Congress of the International Society for Technology in Arthroplasty 2008 Annual Mt, Seoul, Korea, Oct1-4: session 17-knee (wear) OSB17-05.
  35. R. Tsukamoto, IC. Clarke: Ceramic on Cross-Linked Polyethylene Total Knees: 10th Annual Update in Hip and Knee Arthroplasty and Bearing Surfaces: 2008 Rancho Mirage, California, Sep17-19: session Polyethylene for Hip and Knee.
  36. I. Tatsumi, Y. Matsuda, R. Tsukamoto, K. Tsuji, K. Hirakawa: Motion Analysis after Mobile UKA and TKA: 9th EFFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology. Nice France, June 2008.
  37. I. Tatsumi, Y. Matsuda, R. Tsukamoto, K. Tsuji, K. Hirakawa: The three dimensional digital templating software ‘ATHENA’ achieved the accurate simulation TKA using the extra bone radiography : 9th EFFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology. Nice France, June 2008.
  38. K. Tsuji, I. Tatsumi, Y. Matsuda, R. Tsukamoto, K. Hirakawa: A Perioperative pain comparison of 3 minimally invasive total hip arthroplasty approaches: 9th EFFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology. Nice France, June 2008.
  39. Y. Matsuda, K. Tsuji, I. Tatsumi, R. Tsukamoto, K. Hirakawa: Changes in bone mineral density of the calcaneus following total knee arthroplasty: 9th EFFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology. Nice France, June 2008.
  40. Y. Matsuda, K. Tsuji, I. Tatsumi, R. Tsukamoto, K. Hirakawa: Gender differences of the surgical and clinical transepicondylar axis of the distal femur in osteoarthritis knees: 9th EFFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology. Nice France, June 2008.
  41. Y. Matsuda, K. Tsuji, I. Tatsumi, R. Tsukamoto, K. Hirakawa: How much medial loose unbalance is acceptable after mobile-bearing total knee arthroplasty in vivo?: 9th EFFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology. Nice France, June 2008.
  42. R. Tsukamoto, H. Shoji, G. Pezzotti, K. Hirakawa, K. Yamamoto, R. Mine, M. Tsukamoto, S. Sasaki, IC. Clarke: Improved wear ZrO2/7-Mrad UHMWPE knee joint and phase analysis by Confocal Raman Spectroscopy: 75th American Academy of Orthopaedic Surgeons 2008 Annual Meeting, San Francisco, California, Mar 5-9: P118.
  43. P. Williams, R. Tsukamoto, IC. Clarke: Wear debris from sequentially crosslinked and crosslinked PE in a knee simulator model: 54th Orthopaedic Research Society 2008 Annual Meeting, San Francisco, California, Mar 2-5: oral session 37 Implant Wear
  44. R. Tsukamoto, IC Clarke: Back to 1980 molded PE: 9th Annual update in Hip and Knee Arthroplasty and Bearing Surface, 2007 Palm Springs Sep: oral session.
  45. R. Tsukamoto, IC. Clarke: Ceramics and XLPE for TKR: 9th Annual update in Hip and Knee Arthroplasty and Bearing Surface, 2007 Palm Springs Sep: oral session.
  46. P. Williams, CM. Brown, R. Tsukamoto, H. Shoji, T. Nakamura, IC. Clarke: Effect of crosslinking and femoral material on polyethylene wear debris in a knee simulator model:  Society For Biomaterials 2007 32th Annual Meeting, Chicago, IL, April, 2007 Oral presentation Orthopedic SIG; Total Joint session48.
  47. R. Tsukamoto, H. Shoji, K. Hirakawa, K. Yamamoto, IC. Clarke: Wear response sequentially enhanced polyethylene in knee joint: The 20th Annual Symposium of the International Society for Technology in Arthroplasty, ISTA 2007, Paris, France, Oct 4-6, B6-7.
  48. R. Tsukamoto, M. Tsukamoto, G. Pezzotti, H. Shoji, IC. Clarke: Molded GUR1050 Resin Type Performance in Knee Wear Simulation: 74th American Academy of Orthopaedic Surgeons 2007 Annual Meeting, San Diego, California, Feb 14-18, 2007 P198.
  49. R. Tsukamoto, M. Tsukamoto, G. Pezzotti, H. Shoji, IC. Clarke: Improved Wear Performance of Sequentially Enhanced Polyethylene in Knee Simulation Study: 74th American Academy of Orthopaedic Surgeons 2007 Annual Meeting, San Diego, California, Feb 14-18, 2007 P172.
  50. R. Tsukamoto; Tsukamoto. M; Mine. R, Shoji. H; Pezzotti. G, Clarke. I C : Wear Response ZrO2/7-Mrad UHMWPE Knee Joint and Phase Analysis By Confocal Raman Spectroscopy: 53th Orthopaedic Research Society 2007 Annual Meeting, San Diego, California, Feb 11-14, 2007 P1868.
  51. R. Tsukamoto, M. Ogino, K. Yamada, G. Pezzotti, H. Shoji, IC. Clarke; Molded GUR1050 Resin Type Performance Versus ArCom 1900H In Knee Wear Simulation Study: Society For Biomaterials 2006 31th Annual Meeting, Pittsburgh, Pennsylvania, April 26-29, 2006.
  52. R. Tsukamoto, IC. Clarke, H. Shoji, M. Ogino, K.Yamada, G. Pezzotti; Sequentially Enhanced Polyethylene In 10 Million Cycle And Knee Simulation Study: Society For Biomaterials 2006 Annual Meeting, Pittsburgh, Pennsylvania, April 26-29, 2006.
  53. R. Tsukamoto, H. Shoji, M. Ogino, G. Pezzotti, IC. Clarke; Microscopic Investigation of 10 Million Cycle Wear Response In ZrO2/7-Mrad UHMWPE Knee Joint Using Raman Microprobe Spectroscopy: First International Conference On Mechanics Of Biomaterials And Tissues, Waikoloa, Hawaii, Dec 11-15, 2005.
  54. R. Tsukamoto, H. Shoji, M. Ogino, K. Yamada, T. Asano, T. Nakamura, G. Pezzotti, IC. Clarke; Wear And Raman Spectroscopy Studies On Zirconia Knee Comparing 3.5-Mrad And 7-Mrad UHMWPE Inserts: 18th International Symposium Of Ceramics In Medicine, Bioceramics 18, Kyoto, Japan, Dec 5-8, 2005.
  55. Tsukamoto. R, Shoji. H, Ogino. M, Clarke. IC; Improvement Wear Performance Polyethylene Of Resin Type And Sterilization Method Of Polyethylene Inserts In Knee Simulation: The 18th Annual Symposium of the International Society for Technology in Arthroplasty, ISTA 2005, Kyoto, Japan, Sep 29-Oct 2, 2005.
  56. Tsukamoto. R, Clarke. IC, Pezzotti. G, Ogino. M, Shoji. H, Asano. T, Nakamura. T; Zirconia Femoral Condyles Produced Ultra-low Wear on 7-Mrad Tibial Inserts in Knee Simulation Study to 10 Million Cycles: The 18th Annual Symposium of the International Society for Technology in Arthroplasty, ISTA 2005, Kyoto, Japan, Sep 29-Oct 2, 2005.
  57. R. Tsukamoto; Zirconia ad Knee Studies: 7th Annual Mammoth Lakes Symposium, Mammoth Lakes, California, Sep 8-11, 2005.
  58. R. Tsukamoto, M. Ogino, IC. Clarke, H. Shoji; Knee Simulation of Ultra-low Wear Performance with 7-Mrad Inserts on Zirconia Implants in Long-term Studies: 15th Annual Meeting European Orthopaedic Research Society (EORS), Lisbon, Portugal, June 2-4, 2005.
  59. R. Tsukamoto, IC. Clarke; Wear Comparisons of Highly-crosslinked Tibial Inserts with CoCr and Zirconia Condyles: 2nd Annual Symposium, Loma Linda, California, June 1-2, 2005.
  60. R. Tsukamoto, H. Shoji, M. Ogino, IC. Clarke; Wear Performance with Crosslinked UHMWPE and Zirconia Knee Implants in 8 Million Cycles Simulation: Society For Biomaterials 30th Annual Meeting, Memphis, Tennessee, Apr27-30, 2005.
  61. Tsukamoto. R, Chen. S, Shoji. H, Clarke. IC; Improved Wear Performance with Crosslinked UHMWPE and Zirconia Implants in Knee Simulation: 51th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society (ORS), Washington DC, Feb20-23, 2005.
  62. R. Tsukamoto; Knee Wear of STD Enhanced Polyethylenes on Ceramics: 6th Annual Mammoth Lakes Symposium, Mammoth Lakes, California, Sep 9-10, 2004.

英語論文

  1. PA. Williams, CM. Brown, R. Tsukamoto, IC. Clarke; Polyethylene wear debris produced in a knee simulator model: effect of crosslinking and counter face material: J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 2009 in press.
  2. R. Tsukamoto, PA. Williams, IC. Clarke, G. Pezzotti, H. Shoji, M. Akagi, K. Yamamoto; Y-TZP zirconia run against highly crosslinked UHMWPE tibial inserts: Knee simulator wear and phase-transformation studies: J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 2008 Jul; 86(1): 145-53.
  3. R. Tsukamoto, PA. Williams, H. Shoji, K. Hirakawa, K. Yamamoto, M. Tsukamoto, IC. Clarke; Wear of sequentially enhanced 9-Mrad polyethylene in 10 million cycle knee simulation study: J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 2008 Jul; 86(1): 119-124.
  4. R. Tsukamoto, PA. Williams, H. Shoji, K. Hirakawa, K. Yamamoto, M. Tsukamoto, IC. Clarke; Wear in molded tibial inserts: Knee simulator study of H 1900 and GUR 1050 polyethylenes. J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 2008 May; 85(2): 314-9.
  5. PA. Williams, CM. Brown, R. Tsukamoto, T. Nakamura, IC. Clarke; Polyethylene wear debris produced in a simulator model: Effect of crosslinking and counterface material. Proceeding of the STLE/ASME International Joint Tribology Conference IJTC 2007-44422.
  6. R. Tsukamoto, G. Pezzotti, M. Ogino, H. Shoji, T. Asano, T. Nakamura, IC. Clarke; Zirconia Knee Wear and Raman Spectroscopy Studies Compares 3.5-Mrad and 7-Mrad UHMWPE Inserts: Key Engineering Materials; Vols 309-311 pp.1285-88, 2005.
  7. G. Pezzotti, IC. Clarke, C. Jobe, T. Donaldson, K. Yamamoto, T. Tateiwa, T. Kumakura, R. Tsukamoto, J. Ikeda; Confocal Raman Spectroscopic Analysis of Ceramic Hip Joints: Key Engineering Materials; Vols 309-311 pp.1211-14, 2005.
  8. R. Tsukamoto, S. Chen, T. Asano, M. Ogino, H. Shoji, T. Nakamura, IC. Clarke; Improved Wear Performance with Crosslinked and Zirconia Implants in Knee Simulation: Acta Orthop Scand; 2006: 77-3. 505-511.
  9. K. Kuroda, R. Tsukamoto, M. Kosugi; A Case of Epithelioid Hemangioma Showing Multiple Lesions in the Lower Extremity: Pathology and Clinical Medicine; Vol 20 No. 11: 1187-91, 2002.

抄録 国内

  1. 辻 耕二、塚本 理一郎、平川和男 ほか: MIS THAにおける手術時間からみたラーニングカーブ:第16回日本最小侵襲整形外科学会学術集会 2010 11月13-14日 横浜. 2-25.
  2. 金子 剛士、塚本 理一郎、平川 和男ほか: 1年間の当院における合併症の発生率について: 第16回日本最小侵襲整形外科学会学術集会 2010 11月13-14日 横浜. 2-19.
  3. 斉藤 彰、塚本 理一郎、平川 和男: 高齢者に対するMIS THA早期退院クリニカルパス: 第16回日本最小侵襲整形外科学会学術集会 2010 11月13-14日 横浜. 2-20.
  4. 辻 耕二、塚本 理一郎、平川和男 ほか: 人工股関節置換術後感染への取り組み:第37回日本股関節学会学術集会 2010 10月1-2日 福岡. 1-5-27.
  5. 斉藤 彰、塚本 理一郎、平川和男 ほか: 人工股関節置換術での高齢者における早期退院クリニカルパス:第37回日本股関節学会学術集会 2010 10月1-2日 福岡. 1-5-44.
  6. 岩瀬 美保、塚本 理一郎、平川和男 ほか: 80歳以上の高齢者に対して大径骨頭を用いた人工股関節置換術の短期治療成績:第37回日本股関節学会学術集会 2010 10月1-2日 福岡. 2-6-14.
  7. 上野 岳暁、塚本 理一郎、平川和男 ほか: 遠位固定型セメントレスロングステムを用いた人工股関節再置換術の成績:第37回日本股関節学会学術集会 2010 10月1-2日 福岡. 2-9-37.
  8. 高橋 奈津子、塚本 理一郎、平川和男 ほか: MIS-THAを受ける患者の術前脱臼予防教育:第37回日本股関節学会学術集会 2010 10月1-2日 福岡. P-098.
  9. 巽 一郎、平川 和男、塚本 理一郎、辻 耕二: MIS-UKA 適応と限界: 第2回日本関節鏡、膝、スポーツ整形外科学会学術集会 2010年 7月2日-4日 沖縄. Ⅲ-2-PA7-3.
  10. 塚本 理一郎, IC Clarke, 平川 和男: 人工膝関節全置換術における新世代ポリエチレンの摩耗量と摩耗粉: 第83回日本整形外科学会学術総会 2010年5月27-30日東京. 3-Po3-134.
  11. 辻 耕二、巽 一郎, 松田 芳和、平川 和男、塚本 理一郎 ほか: 人工股関節置換術後の股関節外転筋力の回復経過: 第83回日本整形外科学会学術総会 2010年5月27-30日東京. 3-Po3-53.
  12. 松田 芳和、辻 耕二、平川 和男、塚本 理一郎、巽 一郎ほか: 人工膝関節置換術における一流英文誌の多面的解析: 第83回日本整形外科学会学術総会 2010年5月27-30日東京. 3-Po3-140.
  13. 巽 一郎、松田 芳和、辻 耕二、平川 和男、塚本 理一郎ほか: MIS-TKAにおける大腿四頭筋を切らない影響: 第83回日本整形外科学会学術総会 2010年5月27-30日東京. 3-Po3-147.
  14. 辻 耕二、平川 和男、塚本 理一郎、巽 一郎, 松田 芳和ほか: 三次元人工股関節術前計画ソフトの有用性: 第83回日本整形外科学会学術総会 2010年5月27-30日東京. 4-PP3-12.
  15. 塚本 理一郎: TKRにおける新世代ポリエチレンの摩耗: Stryker seminar. 4月2010年 東京。
  16. 塚本 理一郎、平川 和男: RA人工膝関節における新世代Highly Crosslinked Polyethylene: 第54回日本リウマチ学会総会、学術総会、第19回国際リウマチシンポジウム 2010年4月22^25日 神戸。P-2-143。
  17. 塚本 理一郎: TKAにおける新世代ポリエチレンの摩耗: 第50回関東整形災害外科学会 2010年3月19-20日 東京。TKA 1-2-FP1-1。
  18. 巽 一郎、塚本 理一郎、平川 和男ほか:三次元術前計画ソフトAthenaの術後評価への応用: 第40回日本人工関節学会 2009年2月26-27日 沖縄. TKA navigation 1-5-41.
  19. 塚本 理一郎:当院における OCM の適応分類: Zimmer MIS THA and TKA follow up course 2009年2月28日 沖縄。
  20. 塚本 理一郎、辻 耕二、平川 和男ほか:VerSys およびAlloclassicステムにおけるレントゲン学的評価の比較: 第40回日本人工関節学会 2009年2月26-27日 沖縄. THA臼蓋、ステム, P-2-6.
  21. 巽 一郎、塚本 理一郎、平川 和男ほか:Under Vastus Approach for MIS-TKA: 第40回日本人工関節学会 2009年2月26-27日 沖縄. Video session-1 TKA V1-4.
  22. 金子 剛士、塚本 理一郎、平川 和男ほか:イムプラントの違いで出血量に差があるかの検討-セメントステムと非セメントステム使用手術での術後Hbの比較: 第40回日本人工関節学会 2009年2月26-27日 沖縄. THA術後成績、術後療法 P-1-24.
  23. 池田 崇、塚本 理一郎、平川 和男ほか:Mini-one antero-lateral incisionにおける術前Crowe分類が術後筋力回復に及ぼす影響: 第40回日本人工関節学会 2009年2月26-27日 沖縄.THA 術後療法、術後成績 P-1-25.
  24. 上野 岳暁、塚本 理一郎、平川 和男ほか:人工骨頭置換術後のcentral migrationに対する人工股関節術の治療成績: 第40回日本人工関節学会 2009年2月26-27日 沖縄. THA再置換 -2, P-1-80.
  25. 塚本 理一郎、辻 耕二、平川 和男ほか:50年経過したアクリル樹脂性人工骨頭の症例: 第40回日本人工関節学会 2009年2月26-27日 沖縄. THA機種デザイン-2, P-1-52.
  26. 松田 芳和、塚本 理一郎、平川 和男ほか:一流英文雑誌の多面的解析-人工膝関節置換術をテーマにして: 第40回日本人工関節学会 2009年2月26-27日 沖縄.TKA術後成績-1 P1-155.
  27. 辻 耕二、塚本 理一郎、平川 和男ほか:Highly Cross-linked Polyethylene を使用したTHAにおける臨床的耐摩耗性の改善: 第40回日本人工関節学会 2009年2月26-27日 沖縄. THA摩耗、 P-2-44.
  28. 塚本 理一郎: マテリアルの未来と今後の整形外科医: 第1回 Around 40-人工関節を語る若手研究会 2009年11月21日 横浜。講演: 人工関節の過去と未来について。
  29. 塚本 理一郎、平川 和男、塚本 美貴子、Clarke Ian, 東海林 宏: Ceramic History in Total Joint Replacement: 第31回日本バイオマテリアル学会 学術集会 2009年11月16-17京都。シンポジウム: 人工関節新規摺動面材料への挑戦。
  30. 辻 耕二、塚本 理一郎、松田 芳和、巽 一郎、雪竹 修司、金子 剛士、平川 和男:単純XpとCTを同期可能な三次元人工股関節術前計画ソフトの有用性: 第36回日本股関節学会 学術集会 2009年10月30-31京都。THA 術前計画1-S-1.
  31. 金子 剛士、辻 耕二、塚本 理一郎、松田 芳和、巽 一郎、雪竹 修司、平川 和男:低侵襲人工股関節置換術の医療技術評価: 第36回日本股関節学会 学術集会 2009年10月30-31京都。ポスター P-055.
  32. 塚本 理一郎、辻 耕二、松田 芳和、巽 一郎、平川 和男: VerSys and Alloclassic stemのレントゲン評価: 第15回日本最小侵襲整形外科学会 2009年10月23-24日 鎌倉。MIS-THA -3.
  33. 辻 耕二、塚本 理一郎、松田 芳和、巽 一郎、平川 和男: MIS THA における三次元術前計画ソフト(ATHENA HIP)の有用性: 第15回日本最小侵襲整形外科学会 2009年10月23-24日 鎌倉。MIS-THA -4.
  34. 巽 一郎、辻 耕二、塚本 理一郎、松田 芳和、平川 和男: 筋肉を切らないMIS-TKAの優位性: 第15回日本最小侵襲整形外科学会 2009年10月23-24日 鎌倉。MIS-TKA vs Conventional TKA-4.
  35. 塚本 理一郎:医療経済学: 第15回日本最小侵襲整形外科学会 2009年10月23-24日 鎌倉。医療経済学 座長
  36. 松田 芳和、巽 一郎、辻 耕二、塚本 理一郎、平川 和男: 術前テンプレートATHENAによる脛骨被覆率の評価: 第15回日本最小侵襲整形外科学会 2009年10月23-24日 鎌倉。MIS-TKA -3.
  37. 塚本 理一郎、辻 耕二、松田 芳和、巽 一郎、塚本 美貴子、IC. Clarke、平川 和男: リウマチにおけるCeramic and Highly Crosslinked Polyethylene 人工膝関節: 第58回東日本整形災害外科学会 2009年9月11-12日 小樽. 2-Ⅳ-15。
  38. 巽 一郎, 松田 芳和、辻 耕二、平川 和男、塚本 理一郎: ストレス単純側面X線によるUKA / TKA手術適応評価: 第82回日本整形外科学会学術総会 2009年5月14-17日福岡. 1-Po1-46.
  39. 平川 和男、辻 耕二、名倉 誠朗、塚本 理一郎: Evaluation of complications in 500 mini antero-lateral approach of primary total hip arthroplasty for patients with DDH: 2009年5月14-17日福岡. 1-D-EP -11.
  40. 松田 芳和、巽 一郎、平川 和男、辻 耕二、名倉 誠朗、塚本 理一郎: Do joint replacements provide the beneficial effects in addition to pain relief: 2009年5月14-17日福岡. 1-D-EP -11.
  41. 辻 耕二、巽 一郎, 松田 芳和、塚本 理一郎、平川 和男: 末期変形性股関節症における腰椎骨密度: 第82回日本整形外科学会学術総会 2009年5月14-17日福岡. 2-Po1-5.
  42. 辻 耕二、巽 一郎, 松田 芳和、塚本 理一郎、平川 和男: 人工股関節置換術後の静脈血栓塞栓症予防に対するXa阻害剤(fondaparinux) の効果と安全性: 第82回日本整形外科学会学術総会 2009年5月14-17日福岡. 2-Po1-221.
  43. 塚本 理一郎、平川 和男: 人工膝関節におけるCeramic and Highly Crosslinked Polyethylene: 第53回日本リウマチ学会総会、学術集会 2009年4月23-26日 東京 W32-2.
  44. 辻 耕二、塚本 理一郎, 松田 芳和、巽 一郎、名倉 誠朗、平川 和男:当センターにおける人工股関節置換術後脱臼への対処方法: 第30回関東股関節懇話会 2009年3月14日 東京 11.
  45. 名倉 誠朗, 辻 耕二、塚本 理一郎, 松田 芳和、巽 一郎、平川 和男:大腿骨近位形状Dorr type BにおけるセメントレスTHAではVersys TaperはVersys Midcoatより早期にstress shieldingが出現する: 第30回関東股関節懇話会 2009年3月14日 東京 10.
  46. 塚本 理一郎、辻 耕二、松田 芳和、巽 一郎、名倉 誠朗、平川 和男: Ceramic and Highly Crosslinked polyethylene TKRにおける関節摺動面: 第39回日本人工関節学会 2009年2月13-14日 東京. TKAポリエチレン 1-7-17.
  47. 塚本 理一郎、辻 耕二、松田 芳和、巽 一郎、名倉 誠朗、平川 和男: Y-TZP Zirconia Ceramic における磨耗量とPhase-Transformation: 第39回日本人工関節学会 2009年2月13-14日 東京. 素材2-7-35.
  48. 巽 一郎, 松田 芳和, 塚本 理一郎、辻 耕二、名倉 誠朗、平川 和男: 3次元術前計画simulation Athena: 第39回日本人工関節学会 2009年2月13-14日 東京. Panel Discussion-3 TKA術前計画 1-P3-4.
  49. 巽 一郎, 松田 芳和, 塚本 理一郎、辻 耕二、名倉 誠朗、平川 和男: 術後動態解析によるmobile TKAとmobile UKA の比較検討: 第39回日本人工関節学会 2009年2月13-14日 東京. UKA-2 1-4-20.
  50. 松田 芳和, 塚本 理一郎、辻 耕二、巽 一郎、名倉 誠朗、平川 和男:人工膝関節置換術における脛骨コンポーネントの骨きり面に対する適合性-4機種間の比較-:第39回日本人工関節学会 2009年2月13-14日 東京.TKA Mobile 1-7-10.
  51. 辻 耕二、塚本 理一郎, 松田 芳和、巽 一郎、名倉 誠朗、平川 和男: 人工股関節置換術後脱臼の予防と対処の取り組み. 第39回日本人工関節学会 2009年2月13-14日 東京. THA脱臼予防 2-1-1.
  52. 辻 耕二、塚本 理一郎, 松田 芳和、巽 一郎、名倉 誠朗、平川 和男: 人工股関節置換術後のXa阻害剤(fondaparinux) 投与が血液凝固マーカーに与える影響. 第39回日本人工関節学会 2009年2月13-14日 東京. THA DVT-1 2-2-11.
  53. 名倉 誠朗、辻 耕二、塚本 理一郎, 松田 芳和、巽 一郎、平川 和男: 三次元術前計画ソフトAthena を用いたTKA術後大腿骨コンポーネント回旋設置角度の計測方法. 第39回日本人工関節学会 2009年2月13-14日 東京. TKA 大腿骨回旋アライメント 2-5-27.
  54. 名倉 誠朗、辻 耕二、塚本 理一郎, 松田 芳和、巽 一郎、平川 和男: Cementless THA においてVerSys Taper stem, Alloclassic stemはVerSys Midcoat stem より早期にstress shieldingが出現する. 第39回日本人工関節学会 2009年2月13-14日 東京. THAデザイン 2-7-44.
  55. 塚本 理一郎、辻 耕二、松田 芳和、巽 一郎、名倉 誠朗、金子 剛士、平川 和男: Metal on Metal 人工股関節におけるLarge Ball Concept: 第35回日本股関節学会 学術集会 2008年12月5-6日大阪。ポスター6 THA: Metal on Metal, 腫瘍 1-P-32.
  56. 辻 耕二、塚本 理一郎, 松田 芳和、巽 一郎、名倉 誠朗、金子 剛士、平川 和男: 人工股関節置換術におけるfondaparinuxの術後静脈塞栓症(VTE): 第35回日本股関節学会 学術集会 2008年12月5-6日大阪。DVT, PE 1 1-Ⅱ-29.
  57. 塚本 理一郎、辻 耕二、松田 芳和、巽 一郎、名倉 誠朗、金子 剛士、平川 和男: Mini-One Incision Clinical Path: 第14回日本最小侵襲整形外科学会 (MIOS) 2008年10月11-12日 富山。MIOSのクリニカルパス 患者評価 12.
  58. 松田 芳和, 塚本 理一郎、辻 耕二、巽 一郎、名倉 誠朗、金子 剛士、平川 和男:人工膝関節置換術後の早期社会復帰を目指してーそのEvidenceと個人的私見から: 第14回日本最小侵襲整形外科学会 (MIOS) 2008年10月11-12日 富山。MIOSのクリニカルパス 患者評価 11.
  59. 巽 一郎, 松田 芳和, 塚本 理一郎、辻 耕二、名倉 誠朗、金子 剛士、平川 和男:MIS-TKA or UKA? 術前評価法: 第14回日本最小侵襲整形外科学会 (MIOS) 2008年10月11-12日 富山。低侵襲人工関節手術 14.
  60. 辻 耕二, 巽 一郎, 松田 芳和, 塚本 理一郎、名倉 誠朗、金子 剛士、平川 和男:Mini-One Anterolateral approach による人工股関節術の術後外転筋力: 第14回日本最小侵襲整形外科学会 (MIOS) 2008年10月11-12日 富山。低侵襲人工関節手術 19.
  61. 巽 一郎, 松田 芳和, 塚本 理一郎、辻 耕二、高柳 聡、平川 和男; 3次元術前計画ソフトAthenaによる、大腿骨コンポーネント回旋コントロール: 第33回日本膝関節学会 2008年 6月13-14日 東京 1-2-S4-2.
  62. 塚本 理一郎, IC. Clarke, 平川 和男、 山本 謙吾; Wear Performance of Molded Polyethylene: 81th.日本整形外科学会 May. 2008.札幌。3-Po10-7.
  63. 辻 耕二、平川 和男、高柳 聡、塚本 理一郎 et al 湘南鎌倉人工関節センター; 最小侵襲人工股関節置換術におけるアプローチによる筋損傷の評価―血清CPK値を用いた検討: 第28回 関東股関節懇話会。2008年 3月 東京。
  64. 高柳 聡、辻 耕二、平川 和男、塚本 理一郎 et al湘南鎌倉人工関節センター; MIS THA 術後疼痛に与える術中局所麻酔薬注射の効果に関する予備的研究: 第28回 関東股関節懇話会。2008年 3月 東京。
  65. 松田 芳和、巽 一郎、辻 耕二、平川 和男、高柳 聡、塚本 理一郎 et al; 変形性膝関節症患者についての大腿骨遠位後軸と上果軸における性差の検討 1-3-13: 第38回 日本人工関節学会。2008年 2月 沖縄。
  66. 辻 耕二、平川 和男、高柳 聡、塚本 理一郎 et al 湘南鎌倉人工関節センター; 人工股関節置換術における臼蓋骨欠損に対してMuller ringを用いた症例の検討 1-3-22: 第38回 日本人工関節学会。2008年 2月 沖縄。
  67. 高柳 聡、辻 耕二、平川 和男、塚本 理一郎 et al; Mini-one, MIS A/L, 2-incisionによるTHA術後外転筋力の推移 2-6-20: 第38回 日本人工関節学会。2008年 2月 沖縄。
  68. 塚本 理一郎、Clarke Ian, 塚本 美貴子、高柳 聡、辻 耕二、山本 謙吾、平川 和男; 人工膝関節における新世代ポリエチレン P2-184: 第38回 日本人工関節学会。2008年 2月 沖縄。
  69. 塚本 理一郎、IC Clarke、平川 和男、 山本 謙吾; New Generation Polyethylene in Knee Simulation Study: 80th. 日本整形外科学会 May. 2007.神戸. 2-G-EP8.
  70. 塚本 理一郎、小林 正之、小杉 雅英、佐々木 伸、岡村 祐二、佐々木 康一 厚生中央病院整形外科; Cat Scratch Diseaseに続発した中手骨骨髄炎の一例。第40回 関東整形災害外科学会。2000年 東京。
  71. 塚本 理一郎、小林 正之、小杉 雅英、佐々木 伸、岡村 祐二、佐々木 康一 厚生中央病院整形外科; 両大腿骨近位部に発症した骨Paget病の一例。第50回 東日本整形災害外科学会。2001年 熱海。

論文 国内

  1. 塚本 理一郎、辻 耕二、松田 芳和、巽 一郎、金子 剛士、雪竹 修司、平川 和男。50年経過したアクリル樹脂性人工骨頭の症例: 日本人工関節学会誌。THA機種、デザイン 2010 652-653。
  2. 塚本 理一郎、辻 耕二、松田 芳和、巽 一郎、平川 和男。VerSys およびAlloclassic ステムにおけるレントゲン学的評価の比較: 日本人工関節学会誌。THA 臼蓋、ステム 2010 378-379。
  3. 塚本 理一郎、辻 耕二、平川 和男。Mini-one  A/L法とOCM A/L法の適応分類:整形外科最小侵襲手術ジャーナル 最小侵襲人工股/膝関節全置換術-適応とその手技-: 2010; 54: 9-15.
  4. 塚本 理一郎、辻 耕二、平川 和男。Mini-one Anterolateral THA. OS Now Instruction 人工股関節置換術 MISから再置換まで応用できる手技のコツ。 Medical View 9: 74-86。
  5. 塚本 理一郎、辻 耕二、平川 和男。Large Ball Concept in Metal on Metal Total Hip Replacement: Hip Joint. 2009 Oct; Vol 35 59-61.
  6. 塚本 理一郎、辻 耕二、平川 和男。Mini-one Anterolateral THA. OS Now Instruction 人工股関節置換術 MISから再置換まで応用できる手技のコツ。 Medical View 9: 74-86。
  7. 黒田 雅彦、小杉 雅英、塚本 理一郎。A Case of Epithelioid Hemangioma Showing Multiple Lesions in the Lower Extremity. Pathology and Clinical Medicine. Vol 20 No.11:1187-1191, 2002.
  8. 塚本 理一郎、小林 正之、小杉 雅英、佐々木 伸、岡村 祐二、佐々木 康一。両大腿骨近位部に発症した骨Paget病の一例. 東日本整形災害外科学会誌. Vol 13 No.10:59-61, 2001。
  9. 塚本 理一郎、小林 正之、小杉 雅英、佐々木 伸、岡村 祐二、佐々木 康一。Cat Scratch Diseaseに続発した中手骨骨髄炎の一例: 関東整形災害外科学会雑誌. Vol 32 No.1:49-52, 2000。

医院概要・MAP

つかもと整形外科醫院

〒157-0071
東京都世田谷区千歳台2丁目14-7
千歳クリニックモール2F

サミットと共有駐車場あり

小田急線 『 祖師谷大蔵駅 』 北口徒歩12分
祖師谷通り沿い、『 祖師谷五丁目南  』バス停前

アクセス

当院はバリアフリーにて段差がなく、
車椅子でもご来院いただけます。
診療時間
 
8:30~12:30営業中営業中 営業中営業中営業中
14:30~18:30 営業中 営業中 営業中 営業中
18:30~19:30営業中 営業中
休診日:日曜・祝
手術日・往診日:水曜
※最終受付は診療時間終了の30分前までです。

◎ 木曜日(15時~19時半)・月1回土曜日に、聖路加国際病院 整形外科医長が診察します。
  医師:田﨑 篤 先生

◎ 第2・第4木曜日午前に、手外科専門医が診療します。
  医師:内藤 聖人 先生(順天堂大学 整形外科・スポーツ診療科)

◎ 金曜日午前 内科診療
  医師:内藤 咲貴子 先生

◎ 金曜午後に、脊椎専門医が診察します。
  医師:名越 慈人先生(慶応義塾大学病院 脊椎外科)

◎ 月1回土曜日に高山整形外科病院の医師が診療します。
  医師:佐和田 桂一先生

◎ 月1回土曜日に脊椎専門医が診察します。
  医師:瀬川 知秀先生(稲波脊椎・関節病院)

◎月1回土曜日に膝専門医が診察します。
  医師:岡崎 賢先生(東京女子医科大学 整形外科 教授)

※ 専門医の診察日程は「お知らせ」でご確認ください。

このページの先頭へ戻る