祖師ヶ谷大蔵 つかもと整形外科医院 | 骨粗しょう症

骨粗しょう症  «  診療案内  «  HOME

インターネット予約はこちら

インターネット上から診療の予約を行えます。携帯電話からQRコードを読み込んでください。
パソコンの方はQRコードをクリックしてください。
酸素カプセルもネット予約可能です。
QRコード

診療案内

  • こつこつみんなのスポーツリハビリ
  • 接骨院コツコツ 鍼灸院こつこつ
  • サイトマップ

外来診療カレンダー

※カレンダーの色が休診日
休診日:日曜・祝日
・水曜は手術日・往診日
・第1水曜午前:骨密度外来
診療時間はこちらをご覧ください。

8月
31010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293031010203
9月
28293031010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
25262728293001
骨粗しょう症

骨粗しょう症のガイドラインが2012年に改訂されました。これは本症の診断と治療戦略に影響を与える大きな変化がおこってきていると考えられます。
そのガイドラインによると、診断のための骨量測定は腰椎と大腿骨部位で測定することが望ましく、また診断の原則として腰椎骨密度を用いますが、高齢者で腰椎測定が難しい場合、大腿骨にて測定することとなりました。
当クリニックでは、骨密度装置として、腰椎、大腿骨用の骨密度装置を使用し、専門的加療を心がけています。

骨粗しょう症について

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症とは骨の中があらくなり、スカスカで透けたようになる病気で骨の量は少なくなり弱くなって骨折しやすくなります。
骨粗しょう症にかかっている人は700万人位といわれ女性と男性の比率は9:1です。
骨粗しょう症でよく骨折を起こすところは手首、背骨(圧迫骨折)と寝たきりの原因となる大腿骨の付け根です。このように骨粗しょう症は放置すると怖い病気ですが、最近は簡単に骨量を測ることが出来るようになりましたので、早期発見をすることができるようになりました。
早く治療をすれば病気の進行を止めることができるだけではなく、骨量を増やすこともできますから、決して恐ろしい病気ではありません。

骨粗しょう症の代表的な症状

骨の生まれ変わりについて

骨粗しょう症の分類

閉経後骨粗鬆症

女性ホルモンのエストロゲンは、骨の中へのカルシウムの取り込み調節を行っています。
閉経後はこの女性ホルモンの欠乏により、骨密度の低下が引き起こされます。

老年性骨粗鬆症

加齢とともにカルシウム欠乏、そして骨破壊と新しい骨形成の速度の不均衡の結果として生じるものをいいます。
通常は70歳以上の老年者に発症するが、女性では男性の2倍も多いのです。これは閉経後骨粗しょう症が同時に起こりやすいためです。

二次性骨粗鬆症

骨粗しょう症患者の5%以下の割合で、別の病態や薬剤の影響などで二次性に発症することがあります。
慢性腎不全、ホルモン異常(甲状腺、副甲状腺、副腎の病気)、またはステロイドや抗けいれん剤などの薬物による副作用として発症します。

こんな方は骨粗しょう症に要注意

  • やせた人
  • カルシウム不足
  • 運動不足
  • 閉経後の女性
  • 高年齢

骨粗しょう症について

骨粗鬆症の発病には、加齢や閉経以外にも食事や運動習慣等の多くの要因が深く関わっております。その為に骨の生活習慣病とも呼ばれ、食事療法や運動療法も骨粗鬆症の予防には不可欠です。骨粗鬆症と診断された場合には薬が治療の中心となりますが、併せて食事や運動療法も必要になります。

食事療法

カルシウム、ビタミンD、ビタミンKなど、骨密度を増加させる栄養素を積極的に摂り、骨を丈夫にするのが骨粗鬆症の食事療法です。カルシウムとビタミンDを同時に摂ることで、腸管でのカルシウム吸収率がよくなります。また、タンパク質の摂取量が少ないと骨密度の低下を助長しますので、食事量が少なくなりがちな高齢者の方は特に注意しましょう。
栄養やカロリーのバランスがよい食事を規則的に摂るのが、食事療法の基本となります。

◆カルシウムを多く含む食品
→牛乳、乳製品、小魚、干しエビ、小松菜、チンゲン菜、大豆製品、等
◆ビタミンDを多く含む食品
→サケ、ウナギ、サンマ、メカジキ、イサキ、カレイ、シイタケ、キクラゲ、等
◆ビタミンKを多く含む食品
→納豆、ホウレン草、小松菜、ニラ、ブロッコリー、サニーレタス、キャベツ、等

運動療法

運動不足は骨密度を低下させる要因です。骨にカルシウムを蓄えるためには、「体重をかける」ことが必要。日常生活のなかで階段の上り下りや散歩などを取り入れ、運動量を増やすだけでも効果があります。とくに有効な運動は、ウォーキング、ジョギング、エアロビクス等です。

骨粗しょう症について


骨密度測定器「DCS‐900EX」

当院では最新鋭の骨密度測定装置を設置しております。
検査は簡単で痛みもなく、安心して行えます。
検査をご希望の方は担当医、または窓口までご相談ください。

医院概要・MAP

つかもと整形外科醫院

〒157-0071
東京都世田谷区千歳台2丁目14-7
千歳クリニックモール2F

サミットと共有駐車場あり

小田急線 『 祖師谷大蔵駅 』 北口徒歩12分
祖師谷通り沿い、『 祖師谷五丁目南  』バス停前

アクセス

当院はバリアフリーにて段差がなく、
車椅子でもご来院いただけます。
診療時間
 
8:30~12:30営業中営業中 営業中営業中営業中
14:30~18:30 営業中 営業中 営業中 営業中
18:30~19:30営業中 営業中
休診日:日曜・祝
手術日・往診日:水曜
※最終受付は診療時間終了の30分前までです。

◎ 木曜日(15時~19時半)・月1回土曜日に、聖路加国際病院 整形外科医長が診察します。
  医師:田﨑 篤 先生

◎ 第2・第4木曜日午前に、手外科専門医が診療します。
  医師:内藤 聖人 先生(順天堂大学 整形外科・スポーツ診療科)

◎ 金曜日午前 内科診療
  医師:内藤 咲貴子 先生

◎ 金曜午後に、脊椎専門医が診察します。
  医師:名越 慈人先生(慶応義塾大学病院 脊椎外科)

◎ 月1回土曜日に高山整形外科病院の医師が診療します。
  医師:佐和田 桂一先生

◎ 月1回土曜日に脊椎専門医が診察します。
  医師:瀬川 知秀先生(稲波脊椎・関節病院)

◎月1回土曜日に膝専門医が診察します。
  医師:岡崎 賢先生(東京女子医科大学 整形外科 教授)

※ 専門医の診察日程は「お知らせ」でご確認ください。

このページの先頭へ戻る